Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

住商情報システム、Winny対策ツール2種類を無償配布

住商情報システムは、米eEye Digital Securityが開発したWinny対策ツール「eEye Winny Scanner」および「eEye Winny Monitor」の無償配布を開始した。

「eEye Winny Scanner」は、Winnyの検出に特化したネットワークスキャナ。指定したIPの範囲についてパケットを調査し、Winnyが動作している端末を検知することが可能。ネットワークに大きな負荷をかけず、アクセス権がない端末についても検知できる。

「eEye Winny Monitor」は、ネットワーク内のWinnyのパケットをリアルタイムに解読、接続元、接続先のIPアドレスを表示する。さらに、端末を特定した上でTCP接続をリセットすることが可能。Winnyのトラフィックを強制的に遮断できる。

(Security NEXT - 2006/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性12件を修正
5月のMS月例パッチが公開 - 複数のゼロデイ脆弱性を修正
「VMware Workstation」「同Fusion」に脆弱性 - 「クリティカル」も
Apple、「iOS 17.5」などスマートデバイス向けにアップデートを公開
セガ子会社のメールアカウントの侵害、 あらたに3件判明
サーバ管理ソフトウェア「Froxlor」にXSS脆弱性 - 乗っ取りのおそれ
個人情報含む社内向けテストメールを外部へ誤送信 - M&Aクラウド
自宅で業務のため持ち出したUSBメモリを紛失 - 静岡県
ECサイトで個人情報流出、クレカ不正利用の可能性 - 松井酒造
CrowdStrike、「Microsoft Defender」との併用製品を投入 - 「破格の料金」と自信