Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTデータ先端技術とアルバ、ワイアレス端末の検疫ソリューションを開発

NTTデータ先端技術と米アルバワイヤレスネットワークスは、両社システムを連携させたワイアレスネットワーク環境向けウイルス検疫ソリューションを提供する。

今回開発されたシステムは、NTTデータ先端技術のセキュリティ管理システム「NOSiDE Inventory Sub System」と、アルバの「ARUBA Mobility Controller」の「Captive Portal認証機能」を連携させた検疫ソリューション。

無線接続を行う端末のパッチ適用状況やアンチウイルスソフト、ファイアウォールソフトの設定状況などチェックなどを実施した上で接続を制限できる。Windows端末については、セキュリティ対策が不十分な端末に対してパッチの適用やウイルス定義ファイルのアップデートなどを強制的に実施することが可能。

認証にはウェブブラウザを利用しており、OSの環境に依存せず、有線、無線の混在した状況で接続を制限できる。

(Security NEXT - 2006/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

従業員が契約者のポイントを不正利用 - 日本生命
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
外出自粛期間、子どもの6割がアダルトコンテンツに遭遇
講習受講者情報がネット上で閲覧可能に - 電気工事技術講習センター
健康美容商品の卸売販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
「Cisco Application Services Engine」などに深刻な脆弱性