Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

より強力な認証をオンラインバンクを求める声が73% - RSA調査

RSAセキュリティは、金融機関に対する米国人のセキュリティ意識調査を実施、結果を公表した。セキュリティへの強い関心が現れる結果となった。

米国在住の402人に対して実施したもの。ユーザー名、パスワードによるログインについて、より強固な認証を求める声は全体の7割強に達した。ハードウェアトークンの利用に対しては「無料で提供されれば利用する」といった声も43%に上っている。

また、クレジットカードと同様、不正利用の監視に対する希望も9割弱となった。フィッシング詐欺メールの影響は顕著で、銀行から送付されるメールに対して、フィッシングのおそれによる警戒感から反応しなくなったユーザーも79%に上っている。

(Security NEXT - 2006/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

講習受講者情報がネット上で閲覧可能に - 電気工事技術講習センター
健康美容商品の卸売販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
「Cisco Application Services Engine」などに深刻な脆弱性
「Movable Type」にXSSの脆弱性 - アップデートが公開
PCや受験関係書類が研究室から盗難 - 東京藝大
応急手当普及員宛メールで送信ミス - 成田市消防本部