Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

より強力な認証をオンラインバンクを求める声が73% - RSA調査

RSAセキュリティは、金融機関に対する米国人のセキュリティ意識調査を実施、結果を公表した。セキュリティへの強い関心が現れる結果となった。

米国在住の402人に対して実施したもの。ユーザー名、パスワードによるログインについて、より強固な認証を求める声は全体の7割強に達した。ハードウェアトークンの利用に対しては「無料で提供されれば利用する」といった声も43%に上っている。

また、クレジットカードと同様、不正利用の監視に対する希望も9割弱となった。フィッシング詐欺メールの影響は顕著で、銀行から送付されるメールに対して、フィッシングのおそれによる警戒感から反応しなくなったユーザーも79%に上っている。

(Security NEXT - 2006/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

なかほら牧場の通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正
個人情報含む手帳や職員の証票を紛失 - 都児童相談所
家禽飼養施設のFAXリストを誤送信 - 静岡県
ファンクラブ入会者情報が流出、フォーム設定ミスで - 鹿島アントラーズ
個人情報含む資料を誤廃棄、運搬中に落下して散乱 - 群馬県
短大生が職員チャットを無断閲覧、揶揄する内容も - 茨城県
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性