Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シンポジウム申込者のメールアドレスを委託先が流出 - 国際交流基金

国際交流基金は、同基金主催シンポジウムの申込者に落選通知メールを送信する際に誤送信が発生したと発表した。

流出したのは、シンポジウム「春樹をめぐる冒険?世界は村上文学をどう読むか」の東京開催分に事前申し込みを行い、落選メールを受け取った268名分のメールアドレス。

同基金によれば、業務委託先である国際文化交流推進協会のミスにより、本来ならアドレスが表示されないBCCで送るべきものを、誤って全送信先のアドレスを受信者が閲覧できる形で送付してしまったという。

今後は、業務委託に際して安全性確保に向けた措置を徹底するとしている。

(Security NEXT - 2006/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
偽取引アプリなどで暗号資産を窃取 - 北朝鮮関与か
従業員が契約者のポイントを不正利用 - 日本生命
外出自粛期間、子どもの6割がアダルトコンテンツに遭遇
講習受講者情報がネット上で閲覧可能に - 電気工事技術講習センター
健康美容商品の卸売販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も