Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Winnyの起動を阻止するツールが登場 - アップデートテクノロジー

アップデートテクノロジーは、コンピュータ内でWinnyの起動を監視し、阻止するツール「ウィニーストッパー Ver.1」を開発した。30日間使用可能な限定評価版を、同社サイトより提供する予定。

同ツールは、コンピュータ内でWinnyの起動を監視し、阻止することでネットワーク上への情報漏洩を防ぐもの。企業のパソコンや自宅パソコンなど。従業員が使用しているパソコンに導入することで、Winny経由の漏洩を防ぐことができる。

また同社では、3月23日より同社のシステム管理者向けパッチ マネジメント ソフト「アップデートエキスパート Ver.6.1」の登録ユーザーに対して無償提供を予定している。

(Security NEXT - 2006/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「個人情報を考える週間」がスタート - 啓発活動を展開
macOSの既知脆弱性「CVE-2024-27842」に実証コード
実際に確認された巧妙な「ビジネスメール詐欺」 - IPAが事例集
「macOS」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
Synology製監視カメラのファームウェアにサービス拒否の脆弱性
「Ruby」のXMLパーサーライブラリにDoS攻撃受けるおそれ
図書館向け資料検索システム「VuFind」に複数の脆弱性
学童保育施設でメール誤送信、抽選結果に別人氏名 - 鎌倉市
TP-Linkの監視カメラやネットワーク設定用アプリに脆弱性
「Apache Flink」の既知脆弱性を狙った攻撃に注意