Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットエージェント、Antinnyの感染形跡を調査するソフトを無償提供

ネットエージェントは、Winnyによる情報流出を引き起こすウイルス「Antinny」に感染した形跡があるかを調査するソフト「Antinny発覚」の無償提供を開始した。

同ソフトは、過去にAntinnyに感染した形跡があるかを簡易調査するもの。さらに、気が付かない間に同ウイルスの発信者となっていないか、ウイルスのアップロード歴についても確認できる。

同ソフトはWinny自体の削除を行わず、感染形跡を検出するもので、流出の兆候から初動対策までの時間を短縮し、被害の拡散を抑止することができるとしている。

同社では、万が一感染が見つかった場合は、コンピュータ内に残る証拠を調査するコンピュータ・フォレンジックの専門家に依頼して、被害範囲の特定など事故へ対策するよう勧めている。

(Security NEXT - 2006/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
偽取引アプリなどで暗号資産を窃取 - 北朝鮮関与か
従業員が契約者のポイントを不正利用 - 日本生命
外出自粛期間、子どもの6割がアダルトコンテンツに遭遇
講習受講者情報がネット上で閲覧可能に - 電気工事技術講習センター
健康美容商品の卸売販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も