Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アルプス技研、元社員のPCから個人情報がネット上に流出

アルプス技研は、元社員の私用パソコンがウイルスに感染し、同社社員の個人情報、および取引先に関する情報などがWinnyネットワーク上に流出していたと発表した。

流出したファイル数は125件で、同社社員の個人情報1007件、および取引先情報661件などが含まれていた。2002年に退職した元社員が在職中、私用パソコンに業務用データを保存して利用しており、退職後もデータを削除しないままだったという。

同社では、業務データの持ち出しを禁止する内規を再度徹底するとともに、個人が私的に所有するパソコンのセキュリティ対策についても注意を喚起して、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

信用保証情報を含むファイルを誤送信 - 長崎県信用保証協会
「Emotet」に感染、送受信メールが流出した可能性 - 京セラ
顧客情報含む書類が車上荒らし被害に - 中部電力関係会社
今度は「特別定額給付金」の「再給付」で誘惑 - 詐欺メールに注意
地方で「SECURITY ACTION制度」の紹介セミナー開催 - ライブ配信も
SonicWall製品のVPNに深刻な脆弱性 - 約80万台に影響か
「VMware Horizon」のクライアントにサービス拒否の脆弱性
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
専門学校生対象のコンテスト - テーマは「サイト運営会社向けセキュリティ教育」
「ドコモ口座」の不正チャージ、被害124件の補償を完了