Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CAと東芝テック、POS端末向けアンチウイルスソリューションで協業

コンピュータ・アソシエイツと東芝テックは、POSシステム向けのアンチウイルスソリューションを共同で開発すると発表した。

POSシステムの環境は、インターネットネットや無線LAN、外部記憶媒体の接続といった外的脅威が増加し、ウイルス被害が発生するケースが発生しているという。

両社はそのような背景を受け、ゲートウェイタイプではなく、端末単位での対策に乗り出すもので、東芝テックが開発するPOSシステムにコンピュータ・アソシエイツの企業向けアンチウイルスソフトウェア「eTrust Antivirus」を組み込む。

(Security NEXT - 2006/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クラウド設定不備による情報流出は発生せず - freee
中学校で遠足指導中に生徒名簿を紛失 - 横浜市
メール送信ミスで歯科医師のメアド流出 - 科研製薬
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
テレビ通販サイトに不正アクセス - 関西テレビ関連会社
送信先顧客リストをメールに誤添付 - NTTデータ数理システム
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞
JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
偽取引アプリなどで暗号資産を窃取 - 北朝鮮関与か