Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中部電力、マンション検針時に強風で書類飛ばされる

中部電力は、2月17日に豊田市内で顧客情報が記載された書類を顧客宅で作業中に紛失したと発表した。

紛失したのは「電気ご使用量のお知らせ」1枚。氏名や顧客番号のほか、領収金額や請求金額など契約内容が記載されていた。顧客宅はマンションで、検診後に出力された書類を投函する際、突風に飛ばされてしまったという。

同社では警察へ紛失届けを提出。また、同様の事故が発生しないよう、注意喚起を実施するとしている。

(Security NEXT - 2006/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

北南米地域統括会社にサイバー攻撃、影響など調査中 - オリンパス
「小児医療情報収集システム」への不正アクセス - 原因は脆弱なパスワード
A10、DDoS対策アプライアンスに上位モデル - 380Gbpsのスクラビングに対応
「QVR」が稼働するQNAP製NASにRCEの脆弱性が判明
2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増
「ちばシティポイント」参加者のアカウント情報などが外部流出の可能性 - 千葉市
SAP、月例パッチ13件をリリース - 重要度がもっとも高い「HotNews」は2件
SIEMによる従業員の異常行動分析を支援 - ALSI
講演案内メールでメアド流出、7回送信 - 照明学会
富士通とトレンド、コネクテッドカーのセキュリティ対策で協業