Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

福島大、教員が関係者名簿を新幹線へ置き忘れ

福島大学は、2月10日に、附属養護学校の教員が教員や生徒の情報を記載した名簿を新幹線内に置き忘れ、紛失したと発表した。

紛失した名簿には、生徒49名の氏名、住所、電話番号、保護者名、保護者の勤務先と、教職員34名の氏名、住所、電話番号などが記載されていた。東北新幹線の車両内に置き忘れ、紛失したもので、15日の時点で発見には至っていない。

同校では13日に同教員より報告を受けた後、緊急保護者会を開いて謝罪、今後の対応などについて説明した。同行では、今後、職員への指導強化や個人情報の管理徹底を実施する予定。

(Security NEXT - 2006/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メルマガで送信ミス、メアド415件を宛先に - トヨタホーム岐阜
委託先でメール誤送信、セミナー申込者のメアド流出 - 埼玉県
ふるさと納税の受納証明書600人分を別人へ誤送付 - みやき町
新型コロナ陽性者リストが流出、アクセス権設定でミス - 福岡県
緊急事態宣言の再発令に早くも便乗、「特別定額給付金」フィッシングに注意
情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
長岡京ガラシャ祭のサイトが改ざん - 外部サイトに誘導
インシデント対応学ぶ演習サービス - クラウドに模擬環境
PHPにセキュリティ更新 - 「PHP 7.4.14」「同7.3.26」が公開
NVIDIAのGPUドライバに複数脆弱性 - vGPUソフトウェアにも