Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報や取引情報を含むPCが盗難に - ITmedia

アイティメディアは、1月30日に取引先および関係者の個人情報や、取引内容に関する情報など約1000件が保存された業務用パソコンが盗難に遭ったことを明らかにした。

盗難に遭ったパソコンには、関係者の氏名、住所などの個人情報と、同社との取引内容に関する情報などが含まれていた。同パソコンには、電源を入れる際、指紋認証が必要で、さらにデータをフォルダ単位で暗号化するなどのセキュリティ対策を行っていたとしている。

同社では、該当する個人および企業に対し、説明と謝罪の文書を送付。また、パソコンや個人情報の管理について従業員教育を再徹底し、再発防止を図るとしている。

(Security NEXT - 2006/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

東京オリパラ踏まえた脅威対策でオンラインシンポジウム - JC3ら
9月のDDoS攻撃件数は増加、最大規模の攻撃は約4.4Gbps - IIJ調査
「サブスク」のトラブル相談、毎月約500件 - 「登録メアドがわからない」「解約し忘れ」
医薬品開発支援のリニカル、今度は欧州子会社にサイバー攻撃 - 身代金要求の脅迫も
バイク関連製品通販サイトで個人情報流出のおそれ - 3Dセキュアも
「macOS」にアップデート - ゼロデイ脆弱性にも対応
個人情報含む調査票の誤送付が2件判明 - 国交省
富士電機製の制御システム関連製品に複数の脆弱性
富士電機の「V-Server Lite」に脆弱性 - アップデートが公開
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応