Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MBSD、暗号メールソリューションVoltage SecureMailの新バージョンを発売

三井物産セキュアディレクションは、米Voltage Securityのゲートウェイ型の暗号メールソリューション「Voltage SecureMail Gateway Server V2」、およびクライアント向け暗号メール製品「Voltage SecureMail Desktop V2」を発売した。

同製品は、公開鍵暗号方式暗号技術「IBE (Identity-Based Encryption」を利用した暗号メールソフト。最新版では、従来製品と異なり、HTMLメールによるグラフィカルなインタフェースを採用。従来の暗号化済みの文字列ではなく復号に必要な情報のみを表示する。

また、セキュリティポリシーを強制的に遵守させる暗号化機能「SecureMail Desktop V2」を搭載したほか、OpenPGP やS/MIME ユーザーに対する送受信をサポート。さらにウェブブラウザを利用するクライアントレスの暗号メール送受信機能「Zero Download Messenger」の利便性が向上している

(Security NEXT - 2006/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

避難行動要支援者台帳に別人の個人情報 - 鹿島市
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
再委託先で2度にわたりメール送信ミス - 新潟県
国家資格「登録セキスペ」の問題作成者を募集 - IPA
「小児医療情報収集システム」に不正アクセス - 国立成育医療研究センター
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
緊急事態宣言にともなうキャンセルメールで誤送信 - NEXCO東日本
新型コロナ陽性者の情報流出で対応窓口設置 - 福岡県