Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報記載の書類が車上荒らし被害に - パナホーム滋賀

パナホーム滋賀は、1月29日に京都市内で同社社員が車上荒らしの被害に遭い、顧客6327名の個人情報が記載された書類を鞄ごと盗まれたことを明らかにした。

盗難に遭った書類には、2004年12月までに同社で住宅を建設した顧客6327名分の氏名、住所、電話番号などの個人情報が記載されていた。同社では被害届を提出。再発防止を目指し、顧客情報の管理体制を強化するとしている。

(Security NEXT - 2006/02/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

北海道銀、副業で従業員2名を懲戒解雇 - 顧客情報の不正利用は否定
Adobe、複数製品にセキュリティ更新 - CVSS基本値「9.8」の脆弱性も
VMware、「vRO」など複数製品の脆弱性を修正
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 修正パッチが公開
MS、10月の月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ脆弱性1件含む74件を解消
個人向け通販「LOHACO」で不具合 - 発送メールなどに他人の個人情報
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
「送信ドメイン認証」導入マニュアルに第3版 - 「DMARC」導入を解説
2020年度のPマーク事業者による個人情報関連事故は2644件
Google、「Chrome 94.0.4606.81」を公開 - 脆弱性4件を修正