Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2月3日に発症し、ファイルを破壊するワームに注意

セキュリティベンダーは、毎月3日に発症し、ファイルを破壊するワームに注意を喚起している。

同ウイルスは、1月中旬に登場した大量メール送信型のワームで、ベンダーにより「WORM_GREW」「Blackmal.E@mm」「W32/MyWife.d@MM!M24」「W32/Kapser.A@mm」「Worm.Win32.Nyxem.e」などと名付けられている。

パソコンへメールの添付ファイルとして侵入し、共有フォルダを経由してネットワークへ拡散するほか、さらに自らのコピーをメールで送信する。

さらにレジストリの変更やセキュリティソフトのファイルを削除したり、操作を妨害する。また毎月3日に発症し、MS OfficeファイルやPDFファイル、zipファイルなどのデータを上書きし、破壊するという。

トレンドマイクロでは、感染報告は少ないものの、ダメージ、感染力いずれも「高」としている。シマンテックでは、被害状況、リスクインパクトを「中」としているが、感染力は「高」として注意を促している。

(Security NEXT - 2006/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

東京都シルバーパス購入申込書を誤廃棄 - 小田急バス
イベント参加者情報含む名簿を一時紛失 - トヨタツーリスト
転送ミスで支援センター利用者のメールアドレスなど流出 - 西東京商工会
メルアカに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 神戸海星女子学院大
コロナ発生届が強風で窓から屋外に飛散 - 船橋市保健所
医療機器販売の八神製作所、サーバがランサム被害
警察庁、2021年上半期に61件のランサム被害把握 - 目立つVPN経由の感染
「Microsoft Edge」に脆弱性、アップデートがリリース
「Citrix Hypervisor」に5件の脆弱性 - ゲストVMよりホストが侵害されるおそれ
VPN機器8.7万台分の認証情報が公開 - Fortinetが注意喚起