Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2月3日に発症し、ファイルを破壊するワームに注意

セキュリティベンダーは、毎月3日に発症し、ファイルを破壊するワームに注意を喚起している。

同ウイルスは、1月中旬に登場した大量メール送信型のワームで、ベンダーにより「WORM_GREW」「Blackmal.E@mm」「W32/MyWife.d@MM!M24」「W32/Kapser.A@mm」「Worm.Win32.Nyxem.e」などと名付けられている。

パソコンへメールの添付ファイルとして侵入し、共有フォルダを経由してネットワークへ拡散するほか、さらに自らのコピーをメールで送信する。

さらにレジストリの変更やセキュリティソフトのファイルを削除したり、操作を妨害する。また毎月3日に発症し、MS OfficeファイルやPDFファイル、zipファイルなどのデータを上書きし、破壊するという。

トレンドマイクロでは、感染報告は少ないものの、ダメージ、感染力いずれも「高」としている。シマンテックでは、被害状況、リスクインパクトを「中」としているが、感染力は「高」として注意を促している。

(Security NEXT - 2006/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新型コロナ陽性者宛の診断結果メールで誤送信 - 岡山県
保健所職員が結核健診名簿をATMに置き忘れ - 大阪市
Gポイントに不正ログイン - ポイント不正交換も
トヨタ子会社のバッテリーメーカーでサイトの改ざん被害
LINEのURLプレビュー機能に不具合 - 限定公開URLが漏洩したおそれも
「Apache Calcite」の一部演算子処理に深刻な脆弱性
Sophos製ファイアウォールに深刻な脆弱性 - すでにゼロデイ攻撃も
国内組織の3割強が過去3年間にランサム被害 - 暴露予告や関係者への通知で圧力
2022年2Qの不正送金、前四半期比約1.9倍 - 補償率が6割台前半に
ニトリにPWリスト攻撃、スマホアプリ経由で - 約13万アカウントがログイン許した可能性