Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱京都病院の患者データ入りパソコンが盗まれる

三菱京都病院は、2005年12月30日深夜から31日未明までの間に、業務委託先において患者の個人情報が保存されたパソコンが盗まれたと発表した。

業務委託先である医療機器メーカーの担当者のパソコンに保存されていた個人情報が盗まれたもの。同病院で利用する機器に不具合が発生、原因究明のためにデータをコピーし、自宅へ持ち帰っていたが、担当者の自家用車からパソコンを持ち去られたという。車は施錠されていた。

パソコンには患者の氏名、住所、電話番号、性別、身長、体重、生年月日のほか、主治医の氏名や検査項目などが保存されていた。担当者はただちに警察へ被害を届けたが現在も発見されていない。

同院では患者に対して事情を説明した上で謝罪するとしている。また、今後判明した情報はホームページで報告する予定。

(Security NEXT - 2006/01/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
最新脅威やコロナ時代のセキュ課題など50以上のセッション - パロアルトがカンファレンスイベント
ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス
「ドコモ口座」の一部利用者に対して本人確認実施 - NTTドコモ