Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱京都病院の患者データ入りパソコンが盗まれる

三菱京都病院は、2005年12月30日深夜から31日未明までの間に、業務委託先において患者の個人情報が保存されたパソコンが盗まれたと発表した。

業務委託先である医療機器メーカーの担当者のパソコンに保存されていた個人情報が盗まれたもの。同病院で利用する機器に不具合が発生、原因究明のためにデータをコピーし、自宅へ持ち帰っていたが、担当者の自家用車からパソコンを持ち去られたという。車は施錠されていた。

パソコンには患者の氏名、住所、電話番号、性別、身長、体重、生年月日のほか、主治医の氏名や検査項目などが保存されていた。担当者はただちに警察へ被害を届けたが現在も発見されていない。

同院では患者に対して事情を説明した上で謝罪するとしている。また、今後判明した情報はホームページで報告する予定。

(Security NEXT - 2006/01/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

VMware製IDアクセス管理製品に重要度「クリティカル」の脆弱性 - 認証回避のおそれ
Apple、「macOS」のアップデートを公開 - 多数脆弱性を解消
「サイボウズGaroon」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
採用関連情報がネットより閲覧可能、権限設定ミスで - エイチーム
事務局務める連絡会でメールを誤送信 - 消費者庁
クラウド利用機器にサイバー攻撃、脆弱性公表から3日後に - 富士通
ファイルサーバへのサイバー攻撃、海外子会社経由で - 沖電気
サイバー防御演習「CYDER」の受講申込受付を開始 - NICT
FRONTEO米子会社にサイバー攻撃 - DC上のデータがランサムウェアの標的に
氏名で検索、別人にワクチン接種券を誤送付 - 茅ヶ崎市