Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

違法コピー率10%低下で、2兆8800億円の経済効果 - BSA調査

ビジネス ソフトウェア アライアンスは、ソフトウェアの違法コピー率を低下させることで得られる経済効果を調査し、その結果をまとめた「世界経済効果調査」を発表した。

同発表によれば、国内の違法コピー率は現在の28%で、これから10%低減させた場合、2006年から2009年までの間に2兆8800億円の経済効果が見込めるという。同社ではその結果、国内IT市場規模は14兆8800億円に達することが可能だとしている。さらに4800億の税収アップや2万5000人の雇用創出などメリットがあるという。

ワールドワイドでは、ソフトウェア違法コピー率が1%減少するごとに、4000億ドル規模の経済効果が期待されるという。日本の調査結果は、調査対象国中で3番目に高い経済効果だった。

(Security NEXT - 2005/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

傘下3行で顧客情報含む帳票約4万件を紛失 - 山口FG
ウェブアプリやAPIをマルウェアから保護する新機能 - Akamai
全住民情報を委託先が紛失、飲食後路上で眠り込みカバンなくす - 尼崎市
ニチリン米子会社でランサム被害 - ウェブの閲覧障害も
都の電子申請システムで不具合 - 別人の教員選考受験票を表示
ふるさと納税者に別人の郵便振替用紙を送付 - 三浦市
補助金対象施設リストを誤送信、メール転送時に確認漏れ - 宮城県
セキュ研究者や実務者向けイベント「JSAC2023」が開催決定 - 講演やWSを募集
テキストエディタ「vim」に深刻な脆弱性 - パッチがリリース
サーバにサイバー攻撃、情報流出の痕跡見つからず - 長栄