Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PC操作を監視して不正行為を抑止 - アイティフォー

アイティフォーは、情報漏洩抑止などを目的にパソコン操作を記録して監視するセキュリティソフト「CATサポーター」を発売する。

同ソフトは、誰がいつどのような操作をしたのか記録を残して監視するセキュリティソリューション。ファイル操作やプリントアウトに加えて、メールの読み書きやホームページの閲覧、アプリケーションのインストールについても監視が可能。

操作ログは、システム管理者だけでなく役員なども閲覧できるほか、監視されている社員自身へ公開でき、監視項目が確認できるため、抑止などに活用できる。また、同社の入退室統合システムと組み合わせることで、より強固な情報漏洩対策が可能。

(Security NEXT - 2005/10/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「PCI PIN Security」の準拠支援や審査サービス - NRIセキュア
「WordPress Popular Posts」にXSSの脆弱性 - コードインジェクションのおそれも
脆弱性管理に対応した監視仮想アプライアンス
「EC-CUBE」に2件のXSS脆弱性が判明 - アップデートなど公開
医療システムに不正アクセス、撮影画像が閲覧不能に - 市立東大阪医療センター
メールアドレス流出、自動PPAP機能に不具合 - 原子力規制委
RTOS「Zephyr」のBLEスタックに8件の脆弱性
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
2021年1Qのダークネット宛パケット、前月から約1割減
保険契約者の個人情報含む資料を紛失 - 日生グループの保険代理店