Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT東日本ら、セキュリティ有料診断サービスのメニューを拡充

NTT東日本、日本テレマティーク、ラックの3社は、NTT東日本の「セキュリティ総合診断サービス」に新サービスを追加し、10月21日より提供開始する。

今回追加となるのは、「ログ収集による内部セキュリティ診断サービス」「セキュリティホールスコア診断サービス」「エンドユーザモラル/PC環境診断サービス」の3サービス。ツールにより技術的な観点から企業のセキュリティ状況などを診断する。

「ログ収集による内部セキュリティ診断」では、クライアントのログ収集サーバを社内に設置、クライアントの利用状況などを記録し、分析する。診断期間は約1カ月で、料金は52万5000円から。

「セキュリティホールスコア診断」では、サーバのセキュリティパッチの適用状況やルータ、ファイアウォールのセキュリティホール、クライアントPCのOSアップデート状況などを確認し、セキュリティの対応恐々を調査する。診断期間は約1日で、47万2500円から。

「エンドユーザモラル/PC環境診断」では、セキュリティ更新プログラムやウイルス対策、セキュリティ規定の遵守状況など、クライアントPCの状況を調査、指針やアドバイスをレポートとして提供する。診断期間は約1カ月で価格は42万円から。

(Security NEXT - 2005/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサムウェア「ALPHV」、医療分野中心に被害拡大
米司法省、ランサム「ALPHV」関連の複数サイトを押収 - 復号ツールも
「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
GMO、Flatt Securityを傘下に - 株式66.6%を取得
個人情報含む書類を複数の関係機関へ誤送付 - 茨城県
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
1月のDDoS攻撃件数、前月比29%増 - IIJレポート
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要