Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ドアを握れば鍵が開く生体認証 - 日立が開発

日立製作所は、自動車や住宅のドアなどに応用できるグリップ型の指静脈認証技術を開発したと発表した。

同技術では、指の甲の静脈パターンを確認し、本人を確認できるもの。従来の指の腹側と異なり、甲側では握る動作により明瞭なパターンを得られ、さらに指の一を誘導するドアハンドルを採用したことで安定した認証を実現したという。

同社では、「第39回東京モーターショー2005」へ自動車のドアへ同技術を応用したモデルを出展する予定。

(Security NEXT - 2005/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
バックアップソフト「Macrium Reflect」に権限昇格の脆弱性
WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性
受託研修事業の受講者メールアドレスが流出 - 中部大
なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て