Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

切符予約システムのプログラムミスで個人情報が流出 - 小田急電鉄

小田急電鉄は、切符予約システム「ロマンスカー@クラブ」にプログラムミスがあり、誤決済や顧客情報が流出する事故が発生したと発表した。

同システムは、パソコンや携帯電話上から同社の特急券を購入できるサービスで会員向けに提供しているもの。10月6日にプログラムの変更を実施したが、10月8日に顧客より、覚えのない切符が購入履歴や他人の情報が閲覧できるとの指摘が入り、開発を担当した東芝が調査を開始したという。さらに11日に複数の顧客から同様の連絡を受け、確認したところ原因を特定、改修したという。

今回のプログラムミスでは、予約や変更といった操作が関係ないユーザーに反映され、決済処理されたり、他の利用者に個人情報が閲覧できる状態になっていたという。同社では、プログラムのテストを実施したものの発見できなかったという。

流出した可能性がある個人情報は、会員番号、携帯電話番号で、その他の情報についても流出の危険がある。同社はホームページに謝罪文を掲載した。

また、事故の被害者を特定することが難しいことから、期間中に利用した1万9531名に対して、謝罪および残高などの確認をメールや郵送でアナウンスし、500円相当の金券を送るとしている。また、誤った決済については全額返却するとしている。

(Security NEXT - 2005/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

【不正チャージ問題】金融機関口座の取引履歴、「合算」表示に注意を
カスタマイズ可能なフィッシングの模擬演習サービス- エフセキュア
クリック時にクイズで教育するフィッシングトレーニング - 仏Vade
「ドコモ口座」経由の不正チャージ、被害申告が200件超に
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀
Windows向けの旧版「ウイルスバスタークラウド」に複数脆弱性
なりすまし不正口座開設、写真なし証明書を悪用 - 筆跡が酷似
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
複数端末が「Emotet」感染、なりすましメール送信 - ニッセイコム