Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、不適切な表現を伏字にする機能をメッセンジャーに追加

マイクロソフトは、MSNメッセンジャーにおいて、会話の中に乱暴な表現や不適切な表現に注意を促す「会話セーフティ機能」の体験版を提供開始した。

同機能は、メッセンジャーを使った会話の中に乱暴な表現や不適切な表現が含まれていた場合、伏字にしたり、注意を促すメッセージを送信するもの。会話ウィンドウのアプリボタンから「会話セーフティ機能」をクリックすると、プログラムが起動する。ただし、同機能を利用するには、会話の相手もプログラムの使用を承諾する必要がある。

会話の中に「おまえ」などの乱暴な言葉遣い、および「馬鹿」など相手を侮辱する言葉や、暴力、アダルト関連の放送禁止用語が入力された場合に機能する。該当する言葉を伏字にして表示するとともに、注意を促すメッセージを送信する。また、不適切な表現が繰り返し送られた場合には、会話を強制的に終了する。

(Security NEXT - 2005/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応
「LINEスタンプ」クリエイターの個人情報が流出 - 設定ミスで
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
政府、脱「暗号化zipファイル」検討へ - 意見募集で最多支持
「JSAC 2021」はオンライン開催に - 参加登録の受付を開始
教諭が入試応募者データを紛失、無断で設定変更して複製 - 東京都
メール送信ミスで顧客メアド流出 - フード関連サービス事業者