Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報保護法への対応を自己診断 - NTTデータ経営研究所ら

NTTデータ経営研究所とメトロジーは、個人情報保護法への対応状況をインターネット上で自己診断できる「個人情報保護法対応Web簡易診断サービス」の提供を開始した。

同サービスは、企業における個人情報保護法への対応状況を、60項目の設問に回答することにより自己診断するもの。診断結果を物理的対策、人的対策、技術的対策の3つの側面で評価し、全体の対策バランスおよび各分野における対策バランスを判定する。

「個人情報保護法」や「個人データ管理」、「教育・不正防止」など10の診断分野ごとに各対策の達成度を判定して、十分な対策がとられていない箇所には改善へのアドバイスを提供する。価格は2万1000円で、31日間利用できる。

(Security NEXT - 2005/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
偽取引アプリなどで暗号資産を窃取 - 北朝鮮関与か
従業員が契約者のポイントを不正利用 - 日本生命
外出自粛期間、子どもの6割がアダルトコンテンツに遭遇
講習受講者情報がネット上で閲覧可能に - 電気工事技術講習センター
健康美容商品の卸売販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も