Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

持田製薬、車上荒らしに遭い、医師の情報が保存されたPCを紛失

持田製薬は、医薬情報担当者が使用する業務用パソコン1台を盗まれ、個人情報を紛失したと発表した。

同社によれば、8月16日午前9時ごろ、同社医薬情報担当者の営業車の窓が破壊され、業務用パソコンが盗まれたという。

同社員は大阪府の医療機関を担当しており、大阪府高槻市の医療機関を中心に、医師や薬剤師573名分の個人情報が記録されていた。含まれる情報は、氏名、勤務先、所属、役職、性別、年齢、出身大学および卒業年など。パソコンは暗号化処理が施されており、保存情報が流出する可能性は低いとしている。

(Security NEXT - 2005/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数端末が「Emotet」感染、なりすましメール送信 - ニッセイコム
交付前のマイナンバーカードが所在不明 - 和泉市
決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀
オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
モニター宛てのメールで誤送信、メアド流出 - 中部電力
総務省、ネットトラブルの事例集に誹謗中傷に関するトピック追加
児童提出物を不適切に廃棄した小学校教諭など処分 - 新潟県
深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
ゆうちょ銀「mijicaカード」で約332万円の不正送金被害 - 54人から不正カードに
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - つくば市