Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

住商オットー、携帯サイトの不具合で他の顧客情報を表示

住商オットーは、同社が運営する携帯電話サイトにおいて他の顧客の個人情報が表示される事故が発生したと発表した。

利用者の指摘を受けて判明したもので、同社では携帯電話サイトの運営を即日閉鎖し、現在も運用を停止している

広告リンクの設定ミスが原因で、表示された可能性がある個人情報は、氏名や住所、メールアドレス、性別、電話番号、生年月日、注文情報など。

事故の影響があるのは、2005年7月14日から8月1日までのあいだに同社サイトへアクセスし、個人情報の記載があるページを閲覧し、さらに3時間以内に連続してアクセスした場合だという。7月14日以降、提携携帯電話サイトから当社携帯サイトにアクセスされた件数は約2000件で、詳細は調査を進めている。

現在、上記のような事例報告は1件のみだが、同様の事態が発生した可能性のがある顧客の特定を急いでおり、判明した場合は、個別に連絡するとしている。

(Security NEXT - 2005/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
「ドコモ口座」不正引出、2019年10月より120件 - 試行回数多くなくピンポイントに連携
決済サービス「Bank Pay」の新規口座登録が停止 - 本人確認を強化
組織のポリシー踏まえてテレワークリスクを可視化 - 富士通SSL
派遣職員が個人情報を持ち帰り、廃棄か - 可児とうのう病院
入札情報の公開データに個人情報、のべ1.6万人分 - 新潟県
三越伊勢丹に対する不正ログインは5月から発生 - 約5.4万人に影響
脆弱なファイル管理用WPプラグインを狙う攻撃を国内で観測
「TLS 1.2」以前に「Raccoon Attack」のおそれ - OpenSSL、F5などが対処