Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、7月のウイルス検知状況を発表 - トロイの木馬がさらに増加

マカフィーは、2005年7月におけるコンピュータウイルスの検知状況を発表した。

同発表によれば、前月と比較し、脆弱点を狙うトロイの木馬が増加傾向にあるという。検知企業数は前月の6種から7種、検知マシン数では6種から8種と種類が増えた。企業数とマシン数でトップとなったのは先月同様トロイの木馬「bo:heap」で、ヒープメモリへのバッファオーバーフロー攻撃の可能性が高いと分析している。

一方、企業数とマシン数で2位にランクインしている「Exploit-MhtRedir.gen」は、通常はIISサーバに仕掛けられるリダイレクター。従来は余り検知されなかったが、HTMLメールの増加に伴って増えたのではないかと同社では分析している。ランキング全体では、通常のウイルスから、フィッシングや脆弱性を狙った攻撃などへの移行が進んでいるという。

(Security NEXT - 2005/08/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
偽取引アプリなどで暗号資産を窃取 - 北朝鮮関与か
従業員が契約者のポイントを不正利用 - 日本生命
外出自粛期間、子どもの6割がアダルトコンテンツに遭遇
講習受講者情報がネット上で閲覧可能に - 電気工事技術講習センター
健康美容商品の卸売販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も