Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

神戸大学病院、患者16名分の診療情報を記録したUSBメモリを紛失

神戸大学医学部付属病院は、患者16名分の診療情報を記録したUSBフラッシュメモリを紛失したと発表した。

同院によれば、同メモリには研修医が作成した、患者16名分の入院診療経過などの要約情報が保存されており、同研修医の指導医が7月11日に紛失したという。その後、自宅や同院内および通勤経路上を捜索するとともに、紛失届も提出したが、7月29日時点では発見されていない。

同院では、該当する患者に対して事実報告と謝罪をするとともに、個人情報の適正な管理を徹底して、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Windows向けの旧版「ウイルスバスタークラウド」に複数脆弱性
なりすまし不正口座開設、写真なし証明書を悪用 - 筆跡が酷似
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
複数端末が「Emotet」感染、なりすましメール送信 - ニッセイコム
交付前のマイナンバーカードが所在不明 - 和泉市
決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀
オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
モニター宛てのメールで誤送信、メアド流出 - 中部電力
総務省、ネットトラブルの事例集に誹謗中傷に関するトピック追加
児童提出物を不適切に廃棄した小学校教諭など処分 - 新潟県