Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSN、ネットのルールやマナーを親子で学ぶ専用サイトを開設

マイクロソフトは、夏休み期間中に、オンラインコミュニケーションのリスクやマナー、ルールについて親子で学ぶための専用サイト「夏休み親子で学ぶ、インターネット安全教室」を開設した。

同サイトは、電子メールやチャット、掲示板などのオンラインコミュニケーションにおける潜在リスクや、マナー、ルールなどの知識を提供するもの。親子でクイズに答えながら、ゲーム感覚で学ぶことができる。

また、公序良俗に反する言語、暴力的な言語および表現など、子供の会話に不適切と思われるメッセージの入力を制限する会話機能アプリケーションの体験版を、8月より提供する予定。

さらに同サイトでは、同社が独自に行った「ネット利用に関する親子の意識調査」アンケートの結果を公表し、子供は、親が認識している以上にメールやブログ、掲示板、チャットを中心としたコミュニケーションサービスを利用しているという実態を明らかにしている。

(Security NEXT - 2005/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性
Chrome機能拡張の開発者をFacebookが告訴 - 個人情報収集で
SonicWall製セキュリティアプライアンスに脆弱性
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
核物質使用者宛のメールで送信ミス、核防護情報は含まず - 原子力規制委
ウェブサイトに不正アクセス、スパム踏み台に - 大田花き
生活保護受給者のデータを改ざん、職員を処分 - 仙台市
北海道銀行を装うフィッシング - 他攻撃の文面を使い回しか
2020年の上場関連企業における個人情報事故 - 103件2515万人分
年末年始に個人情報の紛失3件が判明 - 大阪市