Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ニフティ、バックアップ機能つきサーバサービスを提供

ニフティは、ハードウエア障害に対し耐障害性を向上させるバックアップ機能を付加した、法人向けホスティングサービス「@nifty専用サーバーサービス デュアルシステム」の提供を開始した。

同システムは、運用サーバおよびバックアップサーバの2台で構成されており、常時バックアップを行うほか、重大障害時にはバックアップサーバを運用サーバに切り替える。これにより、万一の障害が発生した場合や、長時間の停止を伴うメンテナンス作業の際でも、サーバの運用が可能となる。

利用料金は、合計80Gバイトのサーバ2台構成で、DNSコントロールによる障害時切り替えシステムも含み、初期費用が15万7500円、月額管理費が20万7900円からとなっている。

(Security NEXT - 2005/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII
Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を
事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加