Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットオークション3社、知的財産権侵害出品排除に向けたガイドラインを策定

ディー・エヌ・エー、ヤフー、楽天のインターネットオークション事業者3社は、知的財産権を侵害した出品の排除を目的とした「インターネットオークション自主ガイドライン」を策定した。

同ガイドラインは、インターネットオークションが知的財産権侵害品を流通させる手段として悪用されるのを防ぐために策定されたもの。権利を侵害している出品の削除基準や、出品者のID利用停止措置などを規定している。

また、権利者や捜査機関、および経済産業省などへの速やかな情報提供や、不正出品を落札したユーザーに対する相談窓口の設置なども規定している。さらに、今後も事業者間の協力体制を強化していくとしている。

(Security NEXT - 2005/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールアカウント2件に不正アクセス - 板橋区医師会
2020年3Qフィッシング、前四半期の約4分の3に - RSAまとめ
3月に「JC3 Forum 2021」開催 - サイバー犯罪動向や対応成功事例など紹介
インフォサイエンスの複数ログ管理製品に脆弱性 - OSコマンド実行のおそれ
2020年2Qのフィッシング攻撃は3割減、国内ホストは32件 - RSA調査
12月のDDoS攻撃、前月比29件増 - IIJ調査
新型コロナウイルス患者の氏名をサイトに誤掲載 - 埼玉県
「sudo」に脆弱性「Baron Samedit」が判明 - root権限奪われるおそれ
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
就職氷河期世代のeスポーツ愛好家向けにセキュ人材研修 - 群馬県