Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、個人情報漏洩でケイ・オプティコムに厳重注意

総務省は7月5日、5月に発生した個人情報漏洩を受け、ケイ・オプティコムを厳重注意とし、個人情報の適正な管理の徹底を文書により指導した。

ケイ・オプティコムにおいて約1万2000件の個人情報漏洩事故が発生したことを受け、同省では事実関係の説明を求めていた。同社が6月に行った報告により、業務上の必要性からやむを得ず個人情報を社外に持ち出していたが、その際の手続きや遵守すべき事項が明確にされておらず、個人情報を持ち出す際の対策が不十分だったことが判明したという。

同省では、「個人情報の保護に関する法律」および「電気通信事業における個人情報保護に関するガイドライン」の安全管理措置義務などに違反があったとして、遺憾の意を表明すると同時に厳重注意とした。

(Security NEXT - 2005/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
核物質使用者宛のメールで送信ミス、核防護情報は含まず - 原子力規制委
ウェブサイトに不正アクセス、スパム踏み台に - 大田花き
生活保護受給者のデータを改ざん、職員を処分 - 仙台市
北海道銀行を装うフィッシング - 他攻撃の文面を使い回しか
2020年の上場関連企業における個人情報事故 - 103件2515万人分
年末年始に個人情報の紛失3件が判明 - 大阪市
情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
緊急事態宣言の再発令に早くも便乗、「特別定額給付金」フィッシングに注意
ソフトバンク元従業員が逮捕 - 技術情報を転職先に持ち出しか