Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTドコモ、委託先で顧客情報が保存されていたHDを紛失

NTTドコモは、精算業務を委託しているドコモ・サポートにて、携帯端末などの顧客情報が記録されたハードディスクを紛失していたと発表した。

ドコモ・サポートでは、NTTドコモの代理店手数料について精算業務を受託している。今回の事故は、同社の事務所内に保管していた外付型ハードディスク装置1個の紛失が5月下旬に判明、以降探索などを行っていたが、発見できず、委託元であるNTTドコモへ6月23日に紛失の連絡があったという。警察に紛失届けが提出されたのは6月27日だった。

ハードディスクには、ドコモグループ各社の携帯端末やクイックキャストの契約者情報が記録されていた。同社によれば、2003年10月から2005年3月のあいだに関東甲信越地域のドコモ商品取扱店において注文した最大4万8千名分の顧客情報で、氏名や電話番号が含まれいてた。また、同社に派遣されていた95名の従業員情報についても含まれていたとしている。

ハードディスクに情報が記録されていた顧客に対しては個別に連絡し、情報の紛失について説明し、謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2005/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「サイバー防衛シンポ熱海2022」が8月に開催 - 露烏戦争から見るサイバー戦
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
小学校で児童の画像含むカメラなどを紛失 - 横須賀市
日経BPの医療関係者向けサイトに不正アクセス - ギフトコードの不正読み取りも
尼崎市USBメモリ紛失、関係者は再々委託先 - BIPROGY「あくまで責任は弊社」
全住民情報を委託先が紛失、飲食後路上で眠り込みカバンなくす - 尼崎市
顧客情報記載の書類が所在不明、誤廃棄の可能性 - 広島県信用組合
グループ海外拠点でランサム被害、情報共有に時間要す - トヨタ紡織
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に