Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTデータ、社員情報入りUSBメモリを紛失

NTTデータでは、5月16日に社員情報1万1835名分の個人情報を紛失したと発表した。

同社社員が社員情報をUSBメモリに保存していたが、帰宅途中にかばんごとUSBメモリを紛失してしまったという。USBメモリ、記録ファイル、いずれもパスワードや暗号化のセキュリティ対策は施されていなかった。

保存されていた個人情報は、氏名、性別、生年月日、勤務先のほか、職務状況などが記録されていた。家族構成や口座番号人事評価などは含まれていない。

同社では、翌17日に警察へ紛失を届けるとともに、事実関係の調査や確認を進めていた。社員以外の個人情報や取引先の機密情報などは含まれていないとしている。

同社では、再発防止策として、情報漏洩を防止するソフトウェアソリューションの導入や暗号化やアクセス制限機能のないUSBメモリの使用禁止といった物理的対策のほか、個人情報の社外持ち出し禁止の徹底、教育内容見直しなどを行う予定。

(Security NEXT - 2005/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信で職員採用試験応募者のメアド流出 - 愛媛県動物園協会
愛読者クラブの会員情報が流出の可能性 - 上毛新聞
2020年2Qのフィッシング攻撃は35%減、国内ホストは32件 - RSA調査
不正アクセス事件に便乗するフィッシング - クレカ利用履歴の確認要請を偽装
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
MS、脆弱性「Zerologon」について再度注意喚起 - まずはパッチ適用を、対処FAQも更新
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
次世代セキュリティ製品の検知回避を狙う「Emotet」
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 11月3日に定例外アップデートを公開予定
国勢調査の「回答状況確認表」を紛失 - 世田谷区