Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

常陽銀行、707件の顧客情報が記録されたフロッピーを誤郵送

常陽銀行は、4月18日に友部支店で、口座番号を含む707件の顧客情報が記録されたフロッピーディスクを、依頼主とは別の取引先に誤郵送していたことを明らかにした。

同行によれば、誤郵送されたディスクには、顧客名、支店名、口座番号、引落し金額など707件分の個人情報が記録されていた。4月20日に誤郵送先から連絡があり、判明したという。同ディスクはその後、ただちに回収された。

同ディスクに情報が収められていた顧客に対しては、すでに誤郵送の経緯および情報項目などを記載した謝罪状を郵送したという。同行では今後、顧客情報の厳格な取扱いを再徹底し、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Emotet」に感染、送受信メールが流出した可能性 - 京セラ
顧客情報含む書類が車上荒らし被害に - 中部電力関係会社
今度は「特別定額給付金」の「再給付」で誘惑 - 詐欺メールに注意
地方で「SECURITY ACTION制度」の紹介セミナー開催 - ライブ配信も
SonicWall製品のVPNに深刻な脆弱性 - 約80万台に影響か
「VMware Horizon」のクライアントにサービス拒否の脆弱性
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
専門学校生対象のコンテスト - テーマは「サイト運営会社向けセキュリティ教育」
「ドコモ口座」の不正チャージ、被害124件の補償を完了
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - 堺市