Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

常陽銀行、707件の顧客情報が記録されたフロッピーを誤郵送

常陽銀行は、4月18日に友部支店で、口座番号を含む707件の顧客情報が記録されたフロッピーディスクを、依頼主とは別の取引先に誤郵送していたことを明らかにした。

同行によれば、誤郵送されたディスクには、顧客名、支店名、口座番号、引落し金額など707件分の個人情報が記録されていた。4月20日に誤郵送先から連絡があり、判明したという。同ディスクはその後、ただちに回収された。

同ディスクに情報が収められていた顧客に対しては、すでに誤郵送の経緯および情報項目などを記載した謝罪状を郵送したという。同行では今後、顧客情報の厳格な取扱いを再徹底し、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部Window端末が正常に起動できず - CrowdStrikeが不具合認める
システムの仕様を知らずメール誤送信が発生 - 東京都福祉保健財団
市教委で特別支援教育就学奨励費対象児童の一部名簿を紛失 - 湖西市
Cisco、セキュリティアドバイザリ9件を公開 - 「Blast-RADIUS」の影響も
書類が車両走行中に散乱、一部未回収 - 明治国際医療大
職員がサポート詐欺被害、被害端末内に個人情報 - 吉田町
メールシステムで設定ミス、当初ベンダーも原因特定できず - 上智大
「Cisco SSM」に深刻な脆弱性 - 攻撃者によりパスワード変更可能
ドメインやホスティングが停止すると不安煽るフィッシングに警戒を
「JSAC2025」は2025年1月に都内で開催 - CFPを開始