Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ケイ・オプティコム、HDDに保存された顧客情報1万2千件を紛失

ケイ・オプティコムは、同社社員が5月14日に最大1万2004件の顧客情報が保存された業務用ハードディスク1台を紛失したと発表した。

同社によれば、紛失したのは、マンション向け光ファイバーインターネットサービス「eoメガファイバー」における、通信設備障害時の保全業務対応用のハードディスク1台。重複分も含めて最大1万2004名分の顧客情報を含む電子ファイルが保存されていた。

電子ファイルには、同サービスを利用している顧客の、氏名、住所、電話番号といった個人情報が保存されていた。口座番号およびカード番号などは含まれていないという。同社では、専用の問い合わせ電話を設置して対応するとともに、徹底した再発防止策を講じるとしている。

(Security NEXT - 2005/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
「Apache DolphinScheduler」にコードインジェクションの脆弱性
10月は9月同様の大規模DDoS攻撃は観測されず - IIJ調査
ゼロデイ脆弱性に対処した「Microsoft Edge」がリリース
Go向けSAMLライブラリに深刻な脆弱性 - アップデートが公開
修学旅行のテーマパーク内で県立高の生徒情報を紛失 - 埼玉県
市主催イベントの申込者宛メールで誤送信 - 三原市
「VMware Tools for Windows」に脆弱性 - 重要度は「低」
「偽OCN」の請求メールに注意 - 目立つISP装うフィッシング
他人のクレカ情報で商品購入 - 井原市職員を逮捕