Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

イオンクレジット、個人情報が含まれるCDの利用記録用紙を紛失

イオンクレジットサービスは、奈良県内のキャッシュディスペンサーにおける利用記録用紙(ジャーナル)を紛失したと発表した。

同社がCD機の警備およびメンテナンス業務を委託している東洋テックが、回収過程で紛失したという。提携先の顧客を含む148名分の個人情報が含まれていた。クレジットカードの場合、氏名、会員番号、取引情報が、キャッシュカードの場合、氏名、口座番号、取引情報が記録されていた。暗証番号は含まれていないとしている。

現在、捜索を行っているが発見されていない。同社では、対象の顧客に対し、直接謝罪し、カードの無効措置や再発行手続き、不正利用の監視など対応する。提携先の顧客ついても同様の対応を提携先へ依頼した。

今回の事件を受け、同社では、業務委託先に対する管理や指導を徹底するとしている。また、東洋テックに対し、安全管理対策の強化を申し入れ、その実施状況の監査を実施、監督を強化する予定。

(Security NEXT - 2005/05/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因
悪意あるファイルの検知、前年比5.7%増 - 1日平均約38万件
ペット用品通販サイトに不正アクセス - 閉鎖直後に被害が判明
2021年4Qの脆弱性届出、ソフトとウェブともに減少
主任計量者の試験問題や個人情報含むUSBメモリを紛失 - 三重県
「LINE VOOM」で非公開の友だちに投稿を閲覧される不具合
F5がセキュリティアップデート - 脆弱性25件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
パーソナルデータ、4割弱が利用目的に関わらず「提供したくない」
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース