Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インターチャネル、韓国で人気のスパイウェア駆除ソフトをリリース

インターチャネルは、韓アンラボが開発したスパイウェア駆除ソフト「スパイゼロ 2006」を6月3日より発売する。

同製品は、パソコンに侵入したアドウェアやキーロガーなど削除するスパイウェア駆除ソフト。未知のスパイウェアにも対応している。同社によれば、同製品は、韓国のポータルサイトなどでASPサービスとして採用されており、韓国内でウイルス対策ソフトシェア60%以上を占めているという。

(Security NEXT - 2005/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロナ宿泊療養者の個人情報を誤送信 - 山口県
顔認証サービスのパートナープログラムを提供 - パナソニック
ソリトン製ファイル転送アプライアンスに脆弱性 - 早急に対応を
標的型攻撃のレスキュー支援、2020年上半期は45件
「Docker API」狙う攻撃に注意 - 9月ごろより増加
非公開情報をメールに添付して誤送信 - 総務省
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
前月比1.5倍のDDoS攻撃を観測 - IIJ
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
デバイス紛失にサポートする「ビジネス端末レスキュー」 - NTTドコモ