Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTドコモ、FOMA通話が無音状態になる不具合で料金を返還

NTTドコモは、FOMAから発着信した通話の一部が無音状態となる不具合が発生したとして、無音状態となった分の通話料金を返還すると発表した。

同事象は、2005年2月10日の18時4分から25日の5時37分にかけて、FOMA交換機の故障により、通話の一部が無音状態となったというもの。また、テレビ電話では画像が静止状態となり、64Kデータ通信では通信ができなかった。パケット通信については、正常に利用できたという。

同社では、同事象の影響を受けたと申し出たユーザーに対して、利用状況を個別に確認したうえ、無音状態となった部分の通話料金を返還するとしている。

(Security NEXT - 2005/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「PAN-OS」脆弱性の詳細や悪用コードが公開済み - 攻撃拡大のおそれ
募金サイトで他人クレカ番号による少額寄付 - 利用できるか確認か
「PAN-OS」脆弱性、攻撃条件を修正 - 一部緩和策が「効果なし」に
Oracle、「Java SE」に関する脆弱性13件を修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - のべ441件の脆弱性に対応
メール誤送信で横断幕掲示応募者のメアド流出 - 飯塚オートレース場
WordPress向けプラグイン「InstaWP Connect」に脆弱性
Windows環境下の複数開発言語に脆弱性「BatBadBut」が判明
LINEヤフーに再度行政指導 - 報告受けるも対応や計画不十分
「Microsoft Edge」にアップデート - 「Chromium」の脆弱性修正を反映