Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エフ・セキュア、ステルス型ウイルスを削除する新技術

日本エフ・セキュアは、従来のセキュリティ製品では検出困難なステルス型ウイルスやスパイウェアを検出して削除する新しい技術「F-Secureブラックライト」を発表した。

同技術では、高度なステルス技術「Rootkit」が使われたウイルスやスパイウェアを検出、削除する。「Rootkit」は脆弱性やウイルスを利用してPCやサーバに侵入し、一旦データが書き込まれるとプロセスやファイルなどを表示しないため、従来のセキュリティ製品では検出、削除が難しい。

同社では、同技術を組み込んだ「F-Secureアンチウィルス クライアントセキュリティ」を、2005年内に発売する予定。また、サイトから試用版がダウンロードできる。

(Security NEXT - 2005/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
「ウイルスバスター for Mac」旧版に複数脆弱性
メルマガシステムに不正アクセス、顧客情報が流出 - 福岡のカレー店
Google、「Chrome 87」で33件のセキュリティに関する修正を実施
新型コロナ陽性者2515人の関連情報を誤掲載 - 川崎市
Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応
「LINEスタンプ」クリエイターの個人情報が流出 - 設定ミスで
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出