Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エフ・セキュア、ステルス型ウイルスを削除する新技術

日本エフ・セキュアは、従来のセキュリティ製品では検出困難なステルス型ウイルスやスパイウェアを検出して削除する新しい技術「F-Secureブラックライト」を発表した。

同技術では、高度なステルス技術「Rootkit」が使われたウイルスやスパイウェアを検出、削除する。「Rootkit」は脆弱性やウイルスを利用してPCやサーバに侵入し、一旦データが書き込まれるとプロセスやファイルなどを表示しないため、従来のセキュリティ製品では検出、削除が難しい。

同社では、同技術を組み込んだ「F-Secureアンチウィルス クライアントセキュリティ」を、2005年内に発売する予定。また、サイトから試用版がダウンロードできる。

(Security NEXT - 2005/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
ビデオ会議サービス「Zoom」のクライアントソフトに脆弱性
県立自然の家のイベント申込者宛てメールで誤送信 - 栃木県
高校生徒の写真データ含む私物スマホを紛失 - 大阪府
MS、4月の月例パッチで脆弱性147件に対応 - 1件は悪用済み
「WordPress 6.5.2」が公開 - XSS脆弱性を修正
第三者にメールを閲覧された痕跡、詳細を調査 - 東芝テック
計算用サーバが攻撃の踏み台に、テストアカを侵害 - お茶大
「SECURITY ACTION」の宣言事業者、約4割が効果を実感
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 複数製品の脆弱性を修正