Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコム、サポート体制も用意したHDD暗号化サービスを提供

NTTコミュニケーションズは、ノートPCの盗難や紛失による機密情報漏洩を防止する「HDD暗号化マネジメントサービス」の提供を開始する。

ハードディスク全体の暗号化や、起動時における認証、スクリーンセーバを含めた統一的なセキュリティ基準の強制適用など利用可能。また、ヘルプデスクを提供し、パスワードの失念など、導入後のトラブルにも対応する。

同サービスは、リモートアクセスソリューション「モバイルコネクト」のメニューとして提供され、単独はもちろん、別メニューと組み合わせて利用可能。

利用料金は、初期費用が99.8万円から。初年度の月額利用料は506円/IDからで、別途マネジヂサービス料が発生する。

(Security NEXT - 2005/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイバー攻撃で社内システムに障害、影響や原因など調査 - システム開発会社
機密情報管理の「HashiCorp Vault」に脆弱性 - アップデートを
「PHP 8.1.11/7.4.32」が公開に - 複数の脆弱性を解消
サーバやパソコンにサイバー攻撃 - JR西日本関連会社
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
ネットバンクの不正送金被害が激増 - 前年同期の約40倍に
スルガ銀のフィッシングに注意う- 本人確認を求める手口
SIA、「ファクトチェックセンター」を設置 - 真偽検証して情報配信
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を