Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

外部メディアへの書き出し禁止により情報漏洩を防ぐ - マクニカ

マクニカネットワークスは、リムーバブルメディアへの書き出し禁止および暗号化を実現するソフトウェア「SafeBoot Content Encryption」を、2005年3月14日より発売する。

同ソフトは、ハードディスク暗号化ソフトウェアSafeBootシリーズのオプション製品で、リムーバブルメディアへの書き出し禁止、もしくは書き出し時の自動暗号化により、情報漏洩のリスクを抑えるもの。

また、管理者が指定したドライブやフォルダ、特定の拡張子のファイルを自動的に暗号化するドライブ暗号機能、フォルダ暗号機能も備えている。価格は、1ライセンス当たり7770円から。

(Security NEXT - 2005/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「「クリティカル」の脆弱性に対処
全住民情報を委託先が紛失、飲食後路上で眠り込みカバンなくす - 尼崎市
尼崎市全住民の個人情報入りUSBメモリ、カバンごと発見される
公開議事録の個人情報、墨塗りするも確認できる状態 - 東京都
ランサム被害の鳴門山上病院、通常診療を再開
メタバース空間のセキュリティ指針を検討 - メタバース推進協議会ら
イオンのDX戦略資料が流出 - コンサル会社が他社との会議資料に提供
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開
「FFRI yarai」に新版、悪意あるOfficeマクロへの対策を強化
「OpenSSL」にスクリプトインジェクションの脆弱性 - アップデートが公開