Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジャングル、個人情報の管理をサポートするセキュリティソフトを発売

ジャングルは、IDやパスワード、クレジットカード番号といった個人情報の保護、および管理をサポートするセキュリティソフト「InfoKeeper」を、2005年2月25日より発売する。

同ソフトは、オンライン上で入力する個人情報を高度な暗号化技術により保護し、専用ストレージに一括保管するもの。「スパイウェア・カウンタラクション・システム」や「アンチキーロガー」といった漏洩防止機能を備えており、万一スパイウェアやキーロガーなどの危険なソフトが侵入しても、情報の流出を防ぐことができる。

また、保管した情報をオンラインフォームへ自動入力する機能や、パソコンから離れて一定時間が経過すると、情報を保管しているストレージを自動でロックする機能も備えている。標準価格は8190円。

(Security NEXT - 2005/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「パープルチーム」によるコンサルにも対応したペネトレサービス
JPCERT/CC、インシデント報告などセキュリティ対策の協力者に感謝状
「ドコモ口座」通じた不正出金、あらたに5件を確認
「Emotet」に感染、個人情報流出の可能性 - 群馬県社会福祉協議会
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
CMSの「Drupal」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
国勢調査の調査員が個人情報含むメモを一時紛失 - 江戸川区
スマホ決済「支払秘書」でなりすましによる不正チャージ
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害