Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジャングル、個人情報の管理をサポートするセキュリティソフトを発売

ジャングルは、IDやパスワード、クレジットカード番号といった個人情報の保護、および管理をサポートするセキュリティソフト「InfoKeeper」を、2005年2月25日より発売する。

同ソフトは、オンライン上で入力する個人情報を高度な暗号化技術により保護し、専用ストレージに一括保管するもの。「スパイウェア・カウンタラクション・システム」や「アンチキーロガー」といった漏洩防止機能を備えており、万一スパイウェアやキーロガーなどの危険なソフトが侵入しても、情報の流出を防ぐことができる。

また、保管した情報をオンラインフォームへ自動入力する機能や、パソコンから離れて一定時間が経過すると、情報を保管しているストレージを自動でロックする機能も備えている。標準価格は8190円。

(Security NEXT - 2005/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

偽「Amazon」からのSMSに警戒を - 不安煽るさまざまな文面
新コロ被検査者名簿を一時紛失、ドライブスルー検査で飛散 - 名古屋市
公共施設予約システムへの不正ログイン試行で告訴 - 川崎市
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
建築関係者向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
電子お薬手帳サービス「おくすり手帳Link」で一時障害
Fortinet製VPN使う脆弱なホスト情報が公開 - 平文パスワードなども
「不在通知」スミッシングの相談倍増 - キャリア決済で被害も
ランサム被害拡大で重要インフラ事業者に注意喚起 - NISC