Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、1月のトップ10ウイルスを発表

ソフォスは、2005年1月におけるコンピュータウイルスの報告数をまとめ、「トップ10ウイルス」として発表した。

同発表によれば、2004年末に現れたワーム「Zafi-D」が報告数の44.0%を占め、2カ月連続で1位となった。同ワームはクリスマスカードを装って拡散するもので、ユーザーは、遅れてきたクリスマスカードと思い込んでファイルを開いてしまうのではないかと、同社は分析している。

また「Netsky-P」は、2004年3月以降には検出および駆除が可能になっているにもかかわらず、19.4%を占めて2位となった。同社では、1月に1329件の新規ウイルスを検知、駆除対応した。同社の統計では、1月に使用されたメールのうち4.3%以上がウイルスメールで、これは先月より若干低い数値になるという。

同社が発表したトップ10は以下の通り。

W32/Zafi-D
W32/Netsky-P
W32/Zafi-B
W32/Sober-I
W32/Netsky-D
W32/Netsky-Z
W32/Bagle-AA
W32/Netsky-B
W32/MyDoom-O
W32/Netsky-C

(Security NEXT - 2005/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバー攻撃で公式アプリ会員のメアドなど流出 - 食肉小売チェーン
「Exchange Server」ゼロデイ脆弱性、緩和策も刻々変化
全日本スキー連盟の会員管理システムに不具合 - 検索機能に不備
がん検診受診者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 東京曳舟病院
YouTubeから誘導、ライブ配信サービス装う詐欺サイトに警戒を
Chrome、前回リリースから3日で再度アップデート - 3件のセキュリティ修正
CSIRTの業務支援サービスを開始、フォレンジック調査も - MIND
統計調査員が調査関係書類を紛失 - 加古川市
「JAPANSecuritySummit 2022」、10月24日よりオンデマンドで開催
バッファロー29製品に脆弱性、「FREESPOT」機器も - アップデートの実施を