Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、1月のトップ10ウイルスを発表

ソフォスは、2005年1月におけるコンピュータウイルスの報告数をまとめ、「トップ10ウイルス」として発表した。

同発表によれば、2004年末に現れたワーム「Zafi-D」が報告数の44.0%を占め、2カ月連続で1位となった。同ワームはクリスマスカードを装って拡散するもので、ユーザーは、遅れてきたクリスマスカードと思い込んでファイルを開いてしまうのではないかと、同社は分析している。

また「Netsky-P」は、2004年3月以降には検出および駆除が可能になっているにもかかわらず、19.4%を占めて2位となった。同社では、1月に1329件の新規ウイルスを検知、駆除対応した。同社の統計では、1月に使用されたメールのうち4.3%以上がウイルスメールで、これは先月より若干低い数値になるという。

同社が発表したトップ10は以下の通り。

W32/Zafi-D
W32/Netsky-P
W32/Zafi-B
W32/Sober-I
W32/Netsky-D
W32/Netsky-Z
W32/Bagle-AA
W32/Netsky-B
W32/MyDoom-O
W32/Netsky-C

(Security NEXT - 2005/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

商品の入荷を通知するメールで誤送信 - 化粧品メーカー
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
展示会の案内でメアド流出 - 中部経済新聞社
偽「Amazon」からのSMSに警戒を - 不安煽るさまざまな文面
新コロ被検査者名簿を一時紛失、ドライブスルー検査で飛散 - 名古屋市
公共施設予約システムへの不正ログイン試行で告訴 - 川崎市
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
建築関係者向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査