Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヒューマンリソシア、PC盗難により派遣スタッフ266名分の個人情報を紛失

人材派遣会社のヒューマンリソシアは、同社に登録している派遣スタッフ266名分の個人情報が保存されたパソコンが、盗難被害に遭ったと発表した。

同社によれば、支社の社員が社外にてパソコンの盗難被害に遭った。発覚直後に警察署へ被害届を出したが、現在のところ盗難にあったパソコンは見つかっていない。また、紛失した情報の不正使用の事実も、現在のところ確認されていない。

同社では、被害に遭った登録スタッフに個別に事件の経緯を説明し、謝罪するとともに、2月8日まで緊急対策室を設置して問い合わせに応じるとしている。

(Security NEXT - 2005/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「AED」などの医療機器のリモート管理ソフトに深刻な脆弱性 - 米政府が注意喚起
4月から5月の個人情報関連ミスは9件 - 大阪市
被爆者宛の健診案内で誤送付 - 同姓で住所を取り違え
三越伊勢丹グループの「エムアイカード」装うフィッシング - ほぼHTTPSで展開
「EC-CUBE 3.0」向け複数プラグインに脆弱性 - 一部はすでに悪用も
シニア弁当宅配サービスで個人情報を紛失 - 自治体からの受託分も
続くVPN機器への攻撃 - 「修正済み」のつもりが無防備だったケースも
Apple、「iOS 12.5.4」をリリース - 悪用報告ある脆弱性2件を修正
個人の同意に基づいたデータ流通を実現するサービス - 日立
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース