Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大東ガス、顧客情報が保存されたカードを紛失

大東ガスは、業務に用いる携帯端末で利用するOSカードを紛失したと発表した。同カードには、バックアップ用として顧客の個人情報が保存されていたという。

同社によれば、作業員が業務中に携帯端末を落下、動作しなくなったため、作業を終了し、帰宅した。その後、連絡を受けた担当者が端末を確認したところ、OSカードの紛失に気がついたという。

OSカードにはバックアップ目的で、朝霞市一部地域の顧客情報が保存されていた。含まれる個人情報は、氏名や住所、電話番号など。一部マスコミの報道では2000件弱が保存されていたという。

同社では警察へ被害を届けるとともに、ホームページに謝罪文を掲載している。

(Security NEXT - 2005/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正
個人情報含む手帳や職員の証票を紛失 - 都児童相談所
家禽飼養施設のFAXリストを誤送信 - 静岡県
ファンクラブ入会者情報が流出、フォーム設定ミスで - 鹿島アントラーズ
個人情報含む資料を誤廃棄、運搬中に落下して散乱 - 群馬県
短大生が職員チャットを無断閲覧、揶揄する内容も - 茨城県
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施