Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大東ガス、顧客情報が保存されたカードを紛失

大東ガスは、業務に用いる携帯端末で利用するOSカードを紛失したと発表した。同カードには、バックアップ用として顧客の個人情報が保存されていたという。

同社によれば、作業員が業務中に携帯端末を落下、動作しなくなったため、作業を終了し、帰宅した。その後、連絡を受けた担当者が端末を確認したところ、OSカードの紛失に気がついたという。

OSカードにはバックアップ目的で、朝霞市一部地域の顧客情報が保存されていた。含まれる個人情報は、氏名や住所、電話番号など。一部マスコミの報道では2000件弱が保存されていたという。

同社では警察へ被害を届けるとともに、ホームページに謝罪文を掲載している。

(Security NEXT - 2005/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米政府、中国関与のサイバー攻撃者が悪用する脆弱性のリストを公開 - 国内製品も
「VMware vCenter Server」や「ESXi」に脆弱性 - アップデートをリリース
楽モバの通信障害、ソフトに不具合 - 緊急対応判断に時間要し長期化
「Apache HTTP Server」のゼロデイ脆弱性、国内でも攻撃を観測
わずか3日、「Apache HTTPD」が再修正 - 前回修正は不十分、RCEのおそれも
Citrix、脆弱性問題で無償の侵害調査ツール公開 - FireEyeと共同開発
メール送信ミスが発生、謝罪メールでも - 中央書店
顧客情報記載の書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 島田掛川信金
新型コロナ配食サービスで伝票重ね貼り、別人の個人情報 - 岡崎市
サイバー攻撃で公式アプリ会員のメアドなど流出 - 食肉小売チェーン