Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

242名分のクレジットカード売上票を紛失 - 高島屋横浜店

高島屋は、横浜店にて開催した「オードリー・ヘップバーン展」の関連書籍販売コーナーにおいて、保管していた242名分のクレジットカード売上票を紛失したと発表した。

同社では、被害に遭った顧客のうちタカシマヤカードおよびタカシマヤ「セゾンカード」を利用している223名に対して個別に謝罪し、報告を行った。それ以外のカード利用者については、各クレジットカード会社に状況報告を行っている。

同社ではホームページに謝罪文を掲載するとともに、相談窓口にて問い合わせに応じるとしている。

(Security NEXT - 2005/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ソフトウェアのサプライチェーンリスク対策でSBOM利用を促進 - Linux Foundation
米NSA、セキュアなオンライン会議を導入するためのガイダンス
4人に3人が企業からのSMSを警戒 - スミッシング被害経験は4.9%
スポーツクラブNASのサーバ2台がランサム被害 - 「暗号鍵」特定されて侵入
「Amazonプライムデー」の便乗攻撃に警戒を - わずか1カ月で関連ドメイン2300件が新規登録
「Chrome」にアップデート、ゼロデイ脆弱性を修正
メルマガを誤送信、会員のメアド流出 - 店舗装飾シールショップ
仮想デスクトップがマルウェア感染、メール流出の可能性 - パラマウントベッド
「JETRO」のなりすましメールに注意 - 役員名乗るケースも
放課後児童クラブの関係者宅で児童リストなどが盗難被害