Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スバル販売店で車上荒らし被害 - 個人情報272件を紛失

富士重工業は、2004年12月27日から28日未明にかけて、福岡県の同社特約販売店である福岡スバルにおいて業務用車両が車上荒らしの被害に遭い、個人情報が記録してあった資料を紛失したと発表した。

業務用車両からオーディオ機器や、個人情報が記録された資料など、盗まれたもの。資料には、氏名、住所、電話番号など272件の個人情報が含まれていたという。

福岡スバルでは、被害直後警察署へ被害届を提出、関係顧客へ詫び状を送付し、事件の経緯を説明している。

(Security NEXT - 2005/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PCや受験関係書類が研究室から盗難 - 東京藝大
応急手当普及員宛メールで送信ミス - 成田市消防本部
Instagramにハワイ州観光局の偽アカウント - フィッシングDMを送信
「Salesforceセキュリティ診断サービス」を提供 - KCCS
新型コロナ関連の情報流出で職員処分、経緯は明らかにせず - 新宮市
職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
メール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 佐賀県
クラウド設定不備で個人情報に外部アクセス - イオン銀
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正