Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

津波義捐金を装ったフィッシング詐欺が米国で発生 - 米FBIが注意喚起

米連邦捜査局は、津波被害の募金を装った詐欺行為がインターネット上で発生しているとして注意を促している。

義捐金募集を装ったフィッシング詐欺サイトやスパムメールのほか、ウイルスやトロイの木馬に感染させるなど悪意を持ったウェブサイトも発生しているという。FBIでは、スパムメールに反応したり、米国外の銀行口座へ大金の振り込みを促すメールに対し注意し、寄付する際は、実在を確認できる非営利団体のサイトなどへ直接アクセスするよう訴えている。

(Security NEXT - 2005/01/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PCR検査依頼書を無関係の企業へメール誤送信 - 米子保健所
「WordPress 5.7.2」が公開 - 1件のセキュリティ修正
「PHPMailer」に深刻な脆弱性 - 過去修正済みの脆弱性が再発
羽生結弦カレンダー販売サイトへの不正アクセス、調査結果を公表
「Salesforce」で約5時間にわたり障害 - 原因は緊急修正の実施
約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験
MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み
「OCカード」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生
「EC-CUBE」の無償診断サービスが緊急脆弱性に対応 - 痕跡調査も
ジオコードの企業サイトが改ざん被害 - 顧客情報流出は否定