Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

津波義捐金を装ったフィッシング詐欺が米国で発生 - 米FBIが注意喚起

米連邦捜査局は、津波被害の募金を装った詐欺行為がインターネット上で発生しているとして注意を促している。

義捐金募集を装ったフィッシング詐欺サイトやスパムメールのほか、ウイルスやトロイの木馬に感染させるなど悪意を持ったウェブサイトも発生しているという。FBIでは、スパムメールに反応したり、米国外の銀行口座へ大金の振り込みを促すメールに対し注意し、寄付する際は、実在を確認できる非営利団体のサイトなどへ直接アクセスするよう訴えている。

(Security NEXT - 2005/01/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

応急手当普及員宛メールで送信ミス - 成田市消防本部
Instagramにハワイ州観光局の偽アカウント - フィッシングDMを送信
「Salesforceセキュリティ診断サービス」を提供 - KCCS
新型コロナ関連の情報流出で職員処分、経緯は明らかにせず - 新宮市
職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
メール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 佐賀県
クラウド設定不備で個人情報に外部アクセス - イオン銀
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
複数病院の患者情報含むPCを紛失 - 千葉県