Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サン、PC上に情報を保存しないシンクライアントシステムの低価格キャンペーンを実施

サン・マイクロシステムズは、シンクライアントシステム用のハードウェアとソフトウェアを手ごろな価格で提供する「Sun Ray スタートパック・キャンペーン」を、5月末日まで実施する。

「Sun Ray シンクライアントシステム」は、すべてのデータやアプリケーションをサーバ側で管理、端末にハードディスクなどの情報を単独で格納できない。端末を介した情報漏洩や、システム障害が発生によるデータの紛失などを防止できる。

今回のキャンペーンでは、同システムのセキュリティ効果、モバイル性、コスト削減およびウイルス感染リスク低減などの利点をユーザーに実感してもらうため、ハードウェアとソフトウェアをセットにした2種類のパッケージを提供する。いずれも、通常の標準システム価格より安価なキャンペーン価格となっている。

(Security NEXT - 2005/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
ネットバンクの不正送金被害が激増 - 前年同期の約40倍に
スルガ銀のフィッシングに注意う- 本人確認を求める手口
SIA、「ファクトチェックセンター」を設置 - 真偽検証して情報配信
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を
モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処
「GMOクリック証券」を装ったフィッシングに注意
「Security Days Fall 2022」を10月にリアル開催 - 配信なし
ファイルサーバがランサム被害、情報流出の可能性 - みんな電力