Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSとラック、企業内PCのセキュリティ診断サービスを無償提供

マイクロソフトとラックは、企業内PCのセキュリティレベルを測定する「職場のPCセキュリティ診断サービス」を、2005年6月30日までの期間限定で提供開始した。料金は無料。

同サービスでは、企業内PCのウイルス対策および情報漏洩対策に必要なアカウント管理、ウイルス対策、セキュリティ規定などを含む5つの項目について診断する。ウェブ形式のASPサービスとして提供されるため、診断のために特別なソフトウェアの導入は不要。

社員がセキュリティに対する意識調査アンケートをウェブ画面で行っているのと同時進行で、自動的に使用PCの環境調査が行われる。診断結果は、ユーザーが設定した実施期間の終了後1週間以内に、診断結果レポートとして登録住所に送付される。

(Security NEXT - 2004/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「EC-CUBE」の無償診断サービスが緊急脆弱性に対応 - 痕跡調査も
ジオコードの企業サイトが改ざん被害 - 顧客情報流出は否定
配送伝票に他人の氏名、作業工程でデータにずれ - B.LEAGUE
「Citrix Workspace App」に権限昇格の脆弱性 - アップデートを公開
Adobe、13製品向けにセキュリティアップデートを公開
「Adobe Experience Manager」に深刻な脆弱性
「Adobe Experience Manager」に6件の脆弱性 - 修正版が公開
eコマースプラットフォーム「Magento」にセキュリティアップデート
「Adobe Acrobat/Reader」に14件の脆弱性、アップデートが公開 - すでにゼロデイ攻撃も
MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み