Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、セキュリティ対策検討に向けて「次世代IPインフラ研究会」を再開

総務省は、2004年2月から開催した「次世代IPインフラ研究会」を再開し、フィッシング詐欺やスパイウェア対策などについて検討すると発表した。

同研究会は、固定電話のネットワークからIPネットワークへの移行を志向する電気通信事業者が増えている現状を踏まえ、IPネットワークの将来像、IPネットワーク上で求められるサービス品質および機能について検討するもの。

また、IPネットワークにおける通信障害発生時の事業者間の連携や、フィッシング詐欺およびスパイウェア対策などについても検討される。同研究会は本日第5回会合を開催し、2005年夏をめどに報告書をまとめる予定だとしている。

(Security NEXT - 2004/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学校でアンケート票を紛失、一部が県教委に届く - 春日井市
サイトに脆弱性攻撃、会員メールアドレスが流出した可能性 - マリンネット
水道局を装う偽メールに注意 - 「未払料金ある」と誘導
アイドルコンテストのX公式アカウントが乗っ取り被害
WP向けeラーニングプラグインに再度深刻な脆弱性が判明
Fortra製ワークフロー管理ツールのエージェントに深刻な脆弱性
「WordPress」に脆弱性 - 1月のアップデートで修正済み
「セキュリティ・キャンプ2024全国大会」の応募受付を開始
「Node.js」が脆弱性2件を修正 - さらなるアップデートも予定
案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - 東京サマーランド